贈り物にも最適

観葉植物のゴールドクレストですが、市販のものは1万円以上はしますが、百均で材料をそろえて簡単につくることができます。

予算は2〜3千円程度です。

まず観葉植物のゴールドクレストの材料購入。
観葉植物のゴールドクレストは、あまり小さいと目立たず誰も気づいてくれません。
ある程度の大きさは必要です。

観葉植物のゴールドクレストに沿える造花は、花の種類、派手さ、色彩等を考えて選んでください。

飾りに入れるアルファベットの文字(材質は木質が多い)は「WELCOME 」などを2段に配置するとバランスがいいです。

慣れてくると、観葉植物のゴールドクレストのそばにコルクボードにきれいな色の布を貼って(これもホッチキスでガシャ)みるとか、文字の部分は鏡に転写シールで文字を貼り付けると高級感が出ます。
(インターネットショップで見かけるミラーウェルカムボード的です)

転写シールなどは、インクジェット対応のものがあるので、いろんな字体が楽しめます。

例えば、Wordのフォントでアルファベットの筆記体を使うと中世ヨーロッパ的な仕上がりになります。
 
観葉植物のゴールドクレストのそばに置くとおしゃれな感じが出ます。

自分の結婚式に手作りのウェルカムボードでお迎えするもよし、友人へのプレゼントにもいいですよ。

新築祝いに何を贈りましょうか?

こんな人もあると思います。

誰かに贈り物をするということは、何の贈り物にしても悩むものですね。

新築祝いと言うのは、その名の通り家を新築されたお宅へ贈るものです。

観葉植物のゴールドクレストの贈り物なんかいいと思います。

ですが、一番いいのは、その方に何がいいかを聞くことです。

そうすると、もう購入済みのものであったり、他の方からの贈り物とかぶることもありません。

あとはその方との趣味の問題ですね。


自然とかかわる


観葉植物のゴールドクレストのガーデニングがブームです。

ガーデニングは、観葉植物のゴールドクレストの手造りの楽しさがブームの原因じゃないかと思いますが、あなたはガーデニングブームをどう思いますか。

手造りの庭だから、観葉植物のゴールドクレストを、マンションガーデニングやベランダガーデニング、コンテナガーデニングとさまざまなスタイルで楽しまれています。

手造りの庭がブームだから、休日は、観葉植物のゴールドクレストの花や植木を求める愛好者で、ガーデニング用品の販売店は大賑わいなのです。

そして、観葉植物のゴールドクレストのガーデニングの雑誌も書店を賑わし、テレビでの放送もされてます。

観葉植物のゴールドクレストの「ガーデニング」というと、ナチュラルガーデンやカントリーガーデン、そして正統派はイギリスガーデンをイメージします。

一方、「庭」となると、和風の庭のイメージなのはなぜでしょうか?

京都や奈良の寺院の庭は見事の一語に尽きます。素人では作れません。

イギリスの王侯貴族の庭も見事な庭が多く、和風庭園を庭師がつくるように、イギリスガーデンには観葉植物のゴールドクレストの「ガーデナー」といわれる専門家がいます。

さて、今のガーデニングブームには二つの流れがあるように思います。

ひとつは、庭を見て楽しむ人たちです。

有名な観葉植物のゴールドクレストの庭やガーデニングショーのツアーまであるそうですから、ブームなのです。

日本の庭に飽き足らず、観葉植物のゴールドクレストのために、イギリスのガーデニングショーやコッツウォールズ地方にまで足を伸ばす人達もいます。

そして、ガーデニングブームのもうひとつは、観葉植物のゴールドクレストの花や木を植え、草取りから枝払いと汗を流すのを楽しみ、出来上がった手造りの庭を見て楽しむ人達のガーデニングです。

憧れの芝の庭と観葉植物のゴールドクレストは誰もが一度は挑戦します。

枕木やレンガを敷き詰め、観葉植物のゴールドクレストやハーブを植える。

トラックの貸し出しをサービスしているガーデニングショップでは、観葉植物のゴールドクレストなどの大きな庭木も扱ってますので、手造りの庭は益々増えていきます。

トラックがあれば、エクステリア関係の品物も自分で運んで自分で備え付ける事が出来るのが嬉しいですね。

まさに、観葉植物のゴールドクレストのDIYを楽しむ人達です。

こうして、出来た庭の様子を写真に撮り、観葉植物のゴールドクレストのブログを作って情報発信する人も増えてきました。

観葉植物のゴールドクレストの手造りガーデニングでコミュニケーションがつながっていくのは楽しいですよね。


そういえば、「花壇」という言葉がちょっと古くなりました。

学校にあるのが「花壇」で、いまだにありますが、一般の庭では「花壇」とは言わなくなりました。

観葉植物のゴールドクレストに代表されるガーデニングは「自然な庭が好き!」というブームでもあるようです。

「花壇」というと自然な庭とは少し違うイメージなのでしょうね。

観葉植物のゴールドクレストのナチュラルガーデンがブームだから「花壇」が合わなくなったのかもしれません。

ナチュラルガーデンでは、雑木や雑草までも庭の一部として生かしている観葉植物のゴールドクレストの庭が人気なのです。

庭に使うエクステリアも自然な感じで統一するなど、王侯貴族とまではいきませんが凝った庭もあります。

手造りの庭は、庭師さんがやらない事をやるから驚きの庭が出来るのかもしれません。


また、観葉植物のゴールドクレストの手造りの庭を見てもらう事を楽しむ人たちも出てきました。

オープンガーデンと言うのだそうです。

手造りだからこそ見てもらいたくなるのでしょうね。

観葉植物のゴールドクレストのブログでコミュニケーションしてる人達と同じ心境なんだと思います。

子供から大人までもれなくストレス社会の中で暮らしているからこそ、自然と触れ合うガーデニングで癒されるのです。

だから、観葉植物のゴールドクレストのガーデニングがブームになっているのかなと思います。

ガーデニングは、自然と関る事です。

自然とかかわる人達は、コミュニケーション好きでもあるようですので、ガーデニングブームは益々広がっていくでしょう。

観葉植物の楽しみ

ゴールドクレストという観葉植物をご存知ですか?

ゴールドクレストという観葉植物は、葉っぱを楽しむ観葉植物の一種で、乾燥に強い植物です。

ゴールドクレストという観葉植物は、冬場は、0度以上になると間違えなく枯れますが、ある程度の温度を保てば、非常に育てやすいです。

ゴールドクレストという観葉植物は、それがやがて地面について、増えていくのです。

ゴールドクレストという観葉植物は、とても育てやすいので、部屋にインテリアとしておいてみてはいかがですか?

ゴールドクレストという観葉植物は、葉っぱの色や植物全体の形をたのしんだりと、楽しむ人もおおくなりました。

ゴールドクレストという観葉植物は、室内で気軽にたのしむことができるのも魅力のひとつです。

クリスマスでおなじみのポインセシアや、夏場につるや発破の色を楽しむポトスなどとゴールドクレストという観葉植物は、おなじみです。

でも、ゴールドクレストという観葉植物は、たいたいは熱帯の植物なので寒さには弱く、とくに冬場は暖房などのお世話が必要です。

また、日光を好みので暖かい日の光の入るところなど置き場所にも注意しましょう。

フィトンチッドの効用

ゴールドクレストの木は、森林のような香りがただよいます。

このゴールドクレストの木は、芳香の原因は、ロシア語でフィトン(檀物)とチッド(殺)の複合語で呼ばれている「フィトンチッド」といわれています。

ゴールドクレストだけではなく、多くの樹木・植物は、外敵より身を守るために、このフィトンチッドを発散するといわれています。

ゴールドクレストの木は、この香りは森林のような香りがするのですが、いろいろな効果があるということです。

ゴールドクレストの木は、自律神経の安定に効果的といわれて、その他に肝機能を改善したり快適な睡眠をうながしたりする効果があります。

ゴールドクレストの木は、森林に行くと心地良い空気がただよっていますが、ゴールドクレストの木をはじめとする植物や樹木等には空気を浄化したり、悪臭を消す働きがあり、消臭作用は特に生活の中にある悪臭には効果があるといわれています。

ゴールドクレストの木は、植物による抗菌・防虫効果は天然物質なので副作用がなく、安全で穏やかに作用していくようです。

ゴールドクレストの木は、室内のカビやダニだけでなく食品への防腐、殺菌などにも効果があるようです。

ゴールドクレストの木は、葉色が大変、美しく明るい黄緑色で、寒くなって霜にあたると、オレンジ色に変化してきます。

環境が良い場所で

インテリアとしてもエクステリアとしても、ゴールドクレストなどの観葉植物は根強い人気があります。

ゴールドクレストは、見ているだけで心を癒してくれたり、木に含まれるフィトンチッドやマイナスイオンが体にいいといわれているので、室内で育てている人も多いです。

ゴールドクレストが普及している理由としては、育て方というよりも、鑑賞のしかたとしても、水分の補給さえきちんとしていれば、誰でも育てやすいことがあげられます。

誰でも育てられるゴールドクレストですが、できれば、室内よりも室外の方をおすすめします。

近所にも、ゴールドクレストを育てている家がいくつかありますが、近くを通と、目が移ります。

ゴールドクレストというと、樹形が狭円錐形をしているので、その姿や色からクリスマスツリーを思い浮かべます。
クリスマスツリーというと、北欧を思い浮かべますが、ゴールドクレストについて調べてみたら、実際のゴールドクレストは、北アメリカ原産の品種から、イギリスで作り出されたようです。
基本的にゴールドクレストなどは針葉樹に属します。
正式な学名は、「Cupressus macrocarpa "Goldcrest" 」といい、ヒノキ科イトスギ属です。

ゴールドクレストの葉は、鱗葉で、その葉をむしって香りをかぐと、サンショウやオレンジとのように、森林にいるのような香りがただよいます。

ゴールドクレスト室内で育てるには、本当に環境が良い場所に置いてあげないと、素人には難かしいかもしれません。
ゴールドクレストを育てるのに適した場所は、直射日光の当たる窓際で、暖房等の乾燥した空気が当たらない場所の方がいいとされています。
室内で育てる場合は、たまに霧吹き等をして、葉の乾燥を防ぐことが大切です。
乾燥した風に当てたりして乾燥させたり、水切れを起こしたりすると、葉っぱがチリチリになって枯れてしまうので、常に乾燥しないようにする注意が必要です。